どうして自衛隊の装備品がヤフオクに出品されているのですか?

どうして自衛隊の装備品がヤフオクに出品されているのですか? 本当に「ホンモノ」ですか?

自衛官の私物向けに作られたレプリカ・・・いわゆるPX品もありますが、本物の官給品も出品されています。 自衛隊は米軍などと違って創設以来一度も装備品の払い下げをしたことはありません。ですから出品されている官給品はまず間違いなく横領品か盗品です。 最近はめっぽう厳しくなりましたが、ちょっと昔はかなり管理が甘く、古くなって捨てるはずの物や、過剰請求してしまって補給処に返納しなくてはならない物を横領する者がおり、その一部がヤフオクなどに流れているようです。他にも不届きな辞める間際の退職者や、招集訓練に来た予備自衛官、基地・駐屯地開放日に来た一般人が現役隊員の隊舎に忍び込んで装備品を窃盗するといった残念な事件も起きており、それもまた一部がヤフオク等に流れてます。 ヤフオク

官給品を購入する際は、まず犯罪絡みであることを念頭に置き、公安関係のリスクを勘案する必要があります。

税理士事務所のミスについて 海外から輸入した物を販売するネットショップを運営しており 平成25年から日本のアマゾンへ出店しております。 今年 9月 税理士事務所から税務署から申告内容等のおたずねがあり 追加納税があるかもしれないと連絡がありました。 税務署からのおたずねには ---------- インターネット通販サイトの運営会社が外国法人である場合 貴社がサイト運営法人に支払われた手数料の中には 消費税仕入れ控除の対象とならないものがあります。 その為 貴社がインターネット通販に係る手数料の相手方(平成27年9月以前) 及び貴社の支払い手数料に係る消費税の処理を今一度 御確認いただき その結果を回答書よりご回答下さい。 ---------- といったものでした。 結果的には 税務署の おたずね事項通りで仕入れ控

除していたようで 3期分 の税金を追加で支払う事となりました。 アマゾンへ出店した際 アマゾンへ出店した事を税理士事務所に伝え 税理士事務所側でアマゾンのホームページで1ヶ月の出店料や販売があった場合の手数料は見たと思います。 売上等も いろいろ出るデータを提出して 次回からは この部分だけでいいと言われ ずっと出しておりました。 細かな税の事はわからないので丸投げしており 一切 口出しはしておりません。 今月 税理士事務所に伺う事があった際 今回の件で請求がすこしあるような事を言われ 気になり 今日 メールで伺ったところ 税(法人税更正請求、消費税修正申告)地方税(県税・市) それぞれ3期分作成提出料として 48000円(税抜)と回答がありました。 会社設立から10年以上 お世話になっております

が 基本的には消費税仕入れ控除の対象かの判断は税理士が行うものだと思っております。 アマゾン自体がわかりにくかったのかもしれませんが お金を頂いている 税のプロですし。 税理士事務所の判断ミスにも関わらず 3期分作成提出料となるのが理解できません。 明日 払えないと回答するつもりですが できれば税理士をやっている方 伺いたいのですが 上記のような場合 当方にも多少 落ち度があり 払う必要があるものでしょうか? それとも 消費税仕入れ控除の対象かは税理士がきちんと調べなくてはいけない事で払う必要はないでしょうか?

開業税理士です。 文面を読む限りでは、払う必要無いですね。 私なら自分のミスだと思います。 当然、報酬を請求しません。 税金は本来払うべきものなので 納税者に払ってもらいます。 延滞税は会計事務所の負担でしょうね。